印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「と」から始まる印刷用語一覧

「 と 」 から始まる印刷用語一覧

透過原稿
透過光で見たり色分解ができる原稿、主としてネガ、ポジフィルムのこと。カラーフィルムやスライドがその一例。
胴刷り
枚葉印刷機で印刷中、紙が供給されないのに、版またはブランケット胴が直接圧胴に当たり絵柄が転写されること。圧胴に転写されてしまうと、その後に供給された紙には、圧胴上の転写されたインキがなくなるまで裏面にも転写されてしまう。最近の印刷機は給紙部でミスフィードを検知し、自動的に圧胴を逃がす機構を採り入れており、胴刷りは大幅に減少した。
透明インキ
光を透過するカラーインキ。プラスチックフィルムなどに印刷して透過光で見る色彩は鮮明で効果がある。OHP、カラーフィルター用印刷などに有用である。
トゥルー タイプ フォント
フォントの規格のひとつで、単色ドットではないので解像度には関係なく、拡大してモニターで見たり出力しても文字回りにギザギザ(シャギー)が出ない。Mac OSやWindowsなどで標準的に使用されているフォント。
通し
印刷機の生産量を表す単位。通し数ともいう。1色機の場合は、通し数=印刷枚数となるが、4色機の場合は通し数=4×印刷枚数となる。通しを記号”t”で表すことも多い。たとえば、100通しは100tと書く。
通し組
1ページを2段、3段などに区切らず、各行を縦または横に通して1段で組むこと。段組に対していう。
特殊インキ
発泡インキ・香料インキ・銀インキ・蛍光インキ・発色インキなど特殊な効果をもったインキをいう。偽造防止用、導電要、不織布用などに使用される。
特色
プロセス・カラーの標準色はCMYK(藍・紅・黄・黒)の4色であるが、それ以外の色を「特色」という。多色のカラー印刷で、プロセス・カラーの4色だけでは色調の表現が難しい場合など使われる。
塗工紙(とこうし)
原紙の片面または両面に、クレー炭酸カルシウム、澱粉などの接着剤、塗料を塗布した用紙の総称を「塗工紙」という。アート紙、コート紙、特殊コート紙などがある。
綴じ代(とじしろ)
製本で綴じるための紙の端の余白部分をいう。
ドット
=網点
ドットゲイン
網点の太り。印刷をする際、印刷版の網点の面積は、実際の網点より一般には印刷した紙の網点の面積の方が大きくなる。印刷時のブランケットと圧胴間の圧力が強かったり、インキが軟らかいとドットゲインは大きくなる。よい印刷再現を得るためにはドットゲインをできるだけ小さくすることが大切である。
凸版印刷
凹凸のある版の凸部にインキを付け、紙などに押圧してインキを転移して印刷する方式。版画が同じ方式である。
本の部分名、前付けの一種で口絵や見返しの次に綴じられ、書名、著者名、出版社名などを印刷する。上質の厚目の紙を用いるのが一般的である。
ドブ
「多面付け」で印刷するときに、裁ち落とすために仕上りより一般に3ミリ天地左右大きくして、切り離される隣接面との間に空きをつくっておく。この空きのこと。
共紙(ともがみ)
同一の紙のこと。口絵や中扉を本文と同じ用紙にした時に共紙という。
ドライオフセット
湿し水を使わないオフセット印刷。刷版は凸版を用い、用紙に転写するゴムのブランケットを使用する。湿し水を使う一般のウエットオフセットに対する呼び名。 ドライオフセット印刷は色調や見当が良いことから紙器印刷や証券類の地紋印刷などに使われている。平版を使用する「水なしオフセット印刷」とは異なる。
ドライダウン(印刷の)
印刷後に艶や鮮やかであった色が、インキの乾燥によって印刷表面の光沢が低下する現象。
ドライトラッピング
先刷り印刷の完了後、乾燥したインキ皮膜の上に後刷りでインキを重ね刷りすること。
トラッキング
追跡、追尾すること。欧文組版においては、全体の各文字間のスペースを詰めて均等に調整する処理を「トラッキング」という。文字のプロポーションに合わせて詰め文字処理することはカーニングという。
トラッピング
オフセット印刷において、先刷りインキの上に後刷りインキが重なっていくことを「トラッピング」という。また、製版関係では、多色を重ねて印刷する場合に、絵柄の周囲に白の隙間がでないように処理することを「トラッピング処理」という。
取り込み
丁合時に、まちがって同じ折丁を重複して丁合いしてしまうこと。
トリミング
①モノクロ・カラー写真を引き伸ばす際、天地・左右方向の輪郭を決めること。②原稿となる写真やイラストレーションに対して、その全体を使用せず一部を使用する場合などに不要部分をカットしてその使用範囲を指定すること。
トリミング
写真原稿の必要以外の部分をカットすることをいう。
ドンデン返し(ドン天)
「どんてん返し」ともいう。両面印刷で、表面を印刷した後、反対のくわえじりをくわえとして裏面を印刷する方法。
トンボ
製版・印刷・製本工程で、必要な指標として使うマークを「トンボ」という。十字マークなど用途によって形状が異なるが、一般に幅0.1mm程度の罫線で示される。トンボの種類としては、位置を示す「センター・トンボ」、製版線と仕上がり線を示す「角トンボ」(断ちトンボ)、折りの際に必要な「折りトンボ」、また印刷の際に必要な見当合わせのための角トンボは「見当トンボ」と呼ばれる。=「レジスターマーク」
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp