印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「た」から始まる印刷用語一覧

「 た 」 から始まる印刷用語一覧

耐減感インキ
減感インキによって通常のインキで印刷した文字や画像がにじんでしまったり変色、退色しないインキを耐減感インキという。
耐刷力
一つの版で印刷できる限界の通し枚数のこと。
台紙
①刷版工程では、多面焼の場合、原版フィルムの焼付位置を刷版上に明確にするための台紙。 ②印刷製版を行うための版下作業において写植文字、罫線、図面などをレイアウトに従い貼り込むための厚地の紙。貼りこまれた台紙は版下と呼ばれる。紙はケント紙などが用いられる。
退色
印刷物、紙などの色が太陽などの紫外線や温度、湿度などにより変色し薄くなる現象。黄色系や蛍光顔料系が退色しやすい。長期間掲示するポスターなどには退色インキが使用される。
ダイレクト・スキャナ
「halftone scanner=網かけスキャナ」ともいわれる。連続調スキャナと異なり、スキャナによる色分解と網かけする機能をもつスキャナをいう。
ダイレクト印刷
①DTPで作成されたデータを、版を作らないで印刷する方式。例:インクジェットやオンデマンド印刷。②ダイレクト刷版を用いた印刷を指す場合もありる。
ダイレクト刷版
フィルム原版を作成せずに刷版を作成する方法。おもな版材には、銀塩、フォトポリマー、銀とジアゾの複合タイプがあり、版データをレーザで露光し、現像することで刷版を直接作成する。面付けを含めて、デジタルで完全データを作成する必要があるが、フィルム原版を作成しないため、費用も安く納期短縮ができる。
台割り(だいわり)
「台」とは印刷機にかけられる版面の数の1単位をいい、ページ物印刷における版面の数を表すものとして「台数」という言葉が使われる。総ページ数を一度に印刷されるページ数に分割することを「台割り」という。
台割表
ページ物印刷をするとき、印刷や製本する人が作業しやすいように表裏の関係を一覧表にしたものを台割り表と言う。印刷物の仕上りサイズと印刷機のサイズにより、16ページ単位、8ページ単位などに分割される。
台分け
折り上がった折丁は、ページ数が多い場合、丁合い作業にかかる前に折丁別に区分けを行う作業をいう。 =大分け
裁ち落とし
断裁で裁ち落しすこと。また裁ち落した紙クズのこと。
裁ち切り
写真や図版などが、仕上げ寸法より大きめに印刷されている部分を、仕上げ裁ちの際に裁ち落とすことをいう。
裁ちしろ
製本の仕上げ裁ちの際の断ち落す部分をいう。
タックバランス
オフセット多色印刷において、ウェット印刷する場合、刷り順によってタックを変化させることにより、重ね刷りが容易になる。
脱墨
再生紙を作るため古紙からインキを除き、白いパルプとする処理。
縦目(紙の)
用紙には「縦目」と「横目」がある。長辺に平行の紙目を「縦目」の紙といい、その直角方向のものを「横目」の紙という。Y目、T目とも書く。 紙目の方向によって伸縮度や強度が異なる。
タブ組
表形式の組版を行う方法の一つで、行頭からの空き量をタブ文字を入れることで、列単位に揃った体裁で組版する。
ダブルトーン
2色刷で写真やイラストを美しく見せるテクニックのひとつ。1つの原稿から階調(トーン)の違う2版を作り、これを1色で2度重ね刷りするかあるいは2色(明色と暗色)で刷り重ねる印刷方法。ダブルトーンは単色製版しかできないモノクロ写真の仕上がりに深みを増すために考えられた方法である。
タブロイド判
新聞判型の一種、通常の新聞サイズの半分程度の小型のものをいう。
多面付け
同じ印刷頁を刷版に複数焼き付けることを「多面付け」という。
多面焼付け
1枚のフィルム原版から版材に繰り返し焼き付けて、同一面に同一の絵柄のある多面の版を作ること。
ダルアート紙
塗工紙の艶消し仕上げの1つ。印刷された部分のみ冴えた光沢が得られ、印刷されていない白紙面は半光沢紙のダル(マット)調の仕上りになる。
裁割り
印刷用紙をあらかじめ必要サイズに断裁する必要があり、その断裁作業を裁割りという。
段間/段組み
組版における2段組み以上の段組みで、段と段のアキを「段間」という。
段組
1ページを2段、3段、4段などに分けて組む組み方。
段抜き
見出しや図表、囲み物などを、段と段との区切を通して組むこと。通し組ともいう。
段落
文章の切れ目、または区切られたひとまとまりの文章をいう。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp