印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「し」から始まる印刷用語一覧

「 し 」 から始まる印刷用語一覧

CMYK
色の表現方法。CMYKカラーモデルはC(シアン)、Y(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の略。この4色のインクで通常のカラー印刷ができる。
CG
コンピュータと種々周辺グラフィック機器を使用して、画像や映像を作成する技術。または作成された画像、映像のこと。
ジアゾ感光液
PS版などに用いる感光液。
ジアゾフィルム
ポリエステルやポリアセテートなどの透明なベースフィルム上に、ジアゾニウム塩とカップラー成分を含む感光層を設けた感光フィルムであり、マイクロフィルム、スライドフィルム、第2原図、OHPフィルムなどの用途に使用される。
シーター
巻取紙を枚葉紙に断裁する装置、輪転印刷機の付属装置として、印刷後の巻取紙を一定の長さに切断し、パイル状に積み重ねていく。
シーティーピー(CTP)
デジタル化された印刷情報を、直接コンピュータからRIPを通して出力装置から印刷用の刷版を出力することをいい、「デジタルtoプレート(digital to plate)の略称。タイプとしては、熱モードのサーマルタイプと光モードのフォトポリマータイプがある。
紫外線硬化型インキ
UVインキ のこと。紫外線の照射により瞬間的に硬化し乾燥するインキ。裏付き防止用のパウダーが使用できない食品包装用紙器、シールラベル、プラスチック素材などへの印刷に用いられている。最近では、従来に比べほとんど熱を出さないLEDによる紫外線乾燥装置用のUVインキが使用されるようになっている。
仕切り紙
印刷や製本の際、員数の目印として入れる紙。
磁気インキ
磁性酸化鉄(Fe,O、(四三酸化鉄)、Fe,O(γ-フェライト))の粉末を混入したインキ。種々の記号、文字を印刷し、読み取り装置MICR(magnetic ink character reader)にかけて読み取る、小切手、通行券、キャッシュカード、IDカードなど多方面に使われる。
磁気印刷
磁性インキを用いて、文字や記号、ストライプを印刷すること。
磁気カード
紙またはプラスチックカードの一部もしくは全面に磁性インキが施されたカード。読み取りは読み取り機MICRの磁気ヘッドを接触させスライドさせて読み取る。
磁気テープ
ポリエステルなどの樹脂ベースのテープに、データ記憶用磁性体を塗布した磁気記憶媒体。用途としては録画、録音テープやコンピュータの記憶媒体として用いる。
字下がり
標準の字詰より行頭を下げて組むこと。見出し、引用文、箇条書き、注の部分などの組版に使われる。
下固め
製本での本固め前に仮に本文(中身)の背を1冊ずつ接着剤で背固めする作業。
紙粉
紙面に付着した粉末状のごみ、用紙の断裁仕上げ時に発生する紙粉や、用紙表面より剥離した用紙繊維・填料などにより生じる。
地紋
印刷やWebのホームページの主要な模様・メッセージの背景に印刷した一般には淡色の模様。
シャドウ部
写真版・絵柄・印刷物などの濃度の濃い部分を「シャドウ部」という。ハイライトや中間調などに対していう。また「影」という意味にも使われ、影付きの装飾文字を「シャドウ文字」という。
上質紙
化学パルプ100%配合の非塗工印刷紙、印刷用紙の代表的品種であり、書籍、教科書、ポスター、商業印刷などに幅広く使用される。
ショースルー
紙の透き通しのこと、紙の透光性は、充填する白色顔料の粒度により異なり、大きいほど不透明である。
初校
最初の校正あるいは校正刷。
ショック目
オフセット印刷物で、シリンダー軸方向に平行に帯状の印刷濃度ムラが発生すること。原因はカム摩耗によるあそび、ギヤ摩擦耗によるバックラッシュの発生により、運転中にショックが発生し、網点が流れたり、インキの着きムラとなって発生する。ローラ目とは異なる。
地汚れ
版の非画線部にインキがついて印刷物の定まった部分に汚れが生じること。インキが軟らかい、湿し水が少ない、ローラ圧が強いなどの原因で起こる。
シルクスクリーン印刷
スクリーン印刷の中では一般的なもの。古くはスクリーン印刷用の紗として絹織物が使用されたため、シルクスクリーン印刷と呼ばれる。材質は絹のほかナイロンやステンレススティールが使われる。印刷原理は、布などの上にインクをのせ、ゴムのへらで加圧しながら移動してスクリーンの目からインクを押し出す。
白板紙
板紙の一種。大別すると、マニラボールと白ボールがある。
四六判(しろくばん)
四六判の原紙は788×1091であるが、書籍寸法が128×188、また和綴じの本4寸×6寸(121.21×181.8mm)が32面とれたので、4寸、6寸にちなんでその原紙を四六判と呼ぶようになった。
白抜き
色ベタの中に文字、模様などの部分が白く抜かれて表現されていること。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp