印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「せ」から始まる印刷用語一覧

「 せ 」 から始まる印刷用語一覧

背空き
上製本の表紙の背にあたる部分の表裏芯ボール間の寸法をさす。
静電除去装置
印刷機の中を通る紙が、機械装置内で版胴や圧胴などにこすられて発生した静電気を取り除く装置。
製版
印刷用フィルム原版を作成すること。
背固め
製本でのくるみ工程前に本文の背を背紙などで補強する作業。
背紙
背固めに用いられる補強材用紙。
赤外線乾燥装置
赤外線の熱作用を利用して印刷物などを乾燥する装置。
背丁
各折丁の順番が正しく丁合されているかどうか簡単に見分けるために、折丁の背の部分に書名や折丁の順番号を刷りこんでおく。正しい順番に丁合されると斜めに規則的に並ぶようになっている。
セットオフ
凸版輪転、オフセットインキの品質事故の一つで、用紙のインクの吸収が良くないか、インキの乾燥が遅いため、印刷物を重ねたとき対抗面を汚す現象をいう。
背標(せひょう)
各「折丁」の背の部分に印刷するマークで、「乱丁(らんちょう)」や「落丁(らくちょう)」を防ぐための必要な目印。折り丁の背に階段状に印刷する。目視のほか光電管検知装置で落丁、乱丁を検知する。
センタートンボ
「中心トンボ」参照。
全角(ぜんかく)
和文活字や込物類のサイズの単位で、天地・左右の寸法が同じ正方形のものをいう。
全判
枚葉印刷紙の断裁する前の元の原紙サイズ。例えば、A全判、菊全判、B全判、四六全判、H全判などがある。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp