印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「お」から始まる印刷用語一覧

「 お 」 から始まる印刷用語一覧

OCR
光学文字認識(装置)と訳される。用紙上に手書きや印刷された文字、記号をイメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、 コンピュータへ入力する装置。コンピュータへは再利用のため文字コードに変換して読み取られます。
追い込み
文章を改行、改段、改頁しないで続けること。
追い出し
句読点が改行の行頭に来てしまう時に、「追い出し処理」をして前行の行末に持ってくるような場合、追い出しという。
追い丁
本の全体に通してつけた頁。
凹版(おうはん)
版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する版。凸版、平版とならぶ基本的な3版式の一つ。
凹版印刷
版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する印刷方式。凸版方式は減ってはいるが平版印刷とともに基本的な印刷方式である。写真技術を利用した凹版印刷をグラビア印刷といい、出版物、書籍、包装材料、建材などに広く用いられている。
オーバープリント
色の上にさらに色を刷り重ねること。
大断ち
刷り本を作業しやすくするために断裁すること。または印刷機のサイズに合わせて全判用紙を半裁、四裁などに断裁すること。
奥付
書籍の巻末に、書名、定価、発行年月日、版数、著者名、発行者名、印刷者名などが印刷されている頁。
送り(活字組版の)
文字または行を、前または後に移動させること、字送り、行送りを行うこと。
送り込み(製本の)
頁が多い中綴じの場合、外側に比べ内側の用紙サイズが小さくなるので版面を内側へ調整すること。
突き針
「横針」参照。
表見返し
本の巻首に貼られている見返し。「裏見返し」に対していう。
折丁
製本するために刷り本を折ったもの。小部数の製本はペラ丁合や二つ折りで頁合わせ(丁合)をするが、部数の多いものは8頁折、16頁折の折り丁で丁合する。
オブジェクト
目的、物、対象物、描かれたもの。図形、イラストを作成するソフトでは、図形を構成する直線、曲線、四角形などの部品をそれぞれオブジェクトと呼ぶ。例えばページレイアウトソフトQuark Xpressでは、ここでの画像、罫線などをオブジェクトと呼ぶ。
オフセット印刷
版の撥水性を利用した平版印刷。、「オフセット印刷」という名称の由来は、PS版(印刷の版)に着いたインキをいったん転移して(OFFして)ブランケットに移し、ブランケットから紙にインキを移す(SETする)ことによって印刷する方式(OFF-SET)だからだと言われています。 薄いアルミ板から直接用紙には転写しにくいので、いったんゴム(ブランケット)に転写してから、用紙に印刷する方式。また平版に湿し水を用いる印刷方式であり、現在の印刷方式の主流である。しかし今では水を使用しない「水なしオフセット印刷」もある。なお、「凸版を使用する「ドライオフセット印刷」とは異なる。
オペレータ
機械設備やコンピュータなどを操作する人。
表罫
0.1ミリの細いケイ線。
折りトンボ
製本の折り位置を示した罫線。このケイ線は仕上げの断裁で切り落とされるが、折り位置を正確に認識することができる。
折り丁
丁合製本するために刷本を仕上がり大の大きさに折りたたんだもの。16頁折、32頁折などにして丁合して表紙を付けて仕上げ断裁される。
オンデマンド
必要な時に、必要な数量をいつでもできるシステムのこと。
オンデマンド印刷
顧客が「必要な時に」、「必要な部数」を印刷、製本して即納する印刷システム。
オンライン・ソフト
通信回線を利用して、利用できるソフトの総称。無料で利用できるフリーソフトウェアから有料のものまでいろいろな種類がある。
オンライン・パブリッシング
情報の提供会社がインターネットなどを介して情報を提供すること。
オンライン入稿
原稿をデジタルデータの形で通信回線などを利用して印刷会社に入稿すること。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp