印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「み」から始まる印刷用語一覧

「 み 」 から始まる印刷用語一覧

見返し
本の中味と表紙とをつなぐために、表紙の内側に貼る紙。本の耐久性を左右する大切な急所のため、ふつうは本文用紙よりも厚目で丈夫な縦目の用紙を用いる。表見返しと恨み返しがあるのが普通である。
ミスチング
印刷機のローラーが高速回転した時、その勢いででインキが噴霧状になって飛散する現象。ローラの摩耗。インキの性質など原因はいろいろある。
水なしオフセット
刷版の版材(シリコン層)がインキをはじくという特性を利用し、湿し水をまったく使用せずに印刷する印刷方式。版は専用のシリコン層で被膜された平版凹版を使用する。メリットとしては、水を使用しないので、品質が安定する。作業負担の軽減などがある。現像液は水または薄い現像液なので回収廃液が出ないことや、湿し水をまったく使用しないので環境に良い。一方、デメリットとしては、インキ、版のコストが高い、温度調節が難しいなどである。
水負け
湿し水によって過度のインキの乳化を引き起こして印刷適性を失う現象。オフセット印刷ではインキと水の接触混合においては、どうしても多少の乳化現象を伴うが、その度合が過ぎると版にインキが付きにくい状態となる。
見出し標題
書物の編や章などの見出しを、そのまま標題としたもの。
三つ折り
①巻き三つ折りは、同じ方向にくるむように2回折り重ねる。②外三つ折りは、いわゆるZ字型(ジャバラ折り)に折る。折った形がZの文字に似ているのでZ折りともいう。
見開き
ページモノの割付けで、罫表や図版が大きすて1ページに収まらない場合に、見開いた2ページにまたがって入れること。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp