印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「ま」から始まる印刷用語一覧

「 ま 」 から始まる印刷用語一覧

マイグレーション
英語での意味は「移行」。①コンピュータでは、プログラムやデータの移行・変換作業。特に、OSなどの環境が異なるシステムへの移行を指す。②印刷物を巻取りしたり重ねた場合に、インキが重なった用紙の裏面に移ってしまう現象。=裏付き。裏移り。
枚葉紙(まいようし)
平版印刷機で使用する一般的な紙。抄造(しょうぞう)後の巻取り紙を、A全判,B全判、菊判、四六判など、所定の寸法に断裁したシート状の紙。「巻取紙」に対していう。
枚葉紙印刷機
枚葉紙を印刷する印刷機。オフセット印刷機が代表的である。
前当て
枚葉印刷機の給紙装置の一部で、印刷時の給紙を胴の咥えに用紙を移す前にタイミングをとるために瞬時的に給紙を止めることで、印刷の前後方向の見当を正しくする装置である。これに左右の見当装置(横針もしくは突き針)を併用することで、前後左右の印刷位置が常に一定にできる。
前付(まえづけ)
書物で本文より前に綴じ込んである付き物の部分を総称していう、扉、口絵、献辞、序文、目次、凡例などをいう。
巻折り
印刷物を同じ方向に2回以上巻くようにして折る折り方の一つ。巻物のように折るぐるぐる巻くことからその名がついた。巻き三折り、巻き四つ折り。
巻取紙
輪転印刷機に使用される用紙。巻取心棒に連続に巻いて仕上げてある紙。「枚葉紙」に対していう。
枕(製本の)
本の綴じ部分と小口の部分の束の厚さを同じにするために挿入する板紙類、折込み図表の多いと小口部分がかなり高くなって膨らんで小口が開いてしまうため、のどに板紙を入れて高さを合わせる。
マスキング
多色印刷を刷るさい、カラー原図の色調や階調を忠実に再現するために、写真製版工程において各種の修整を行うこと。
マスターペーパー
軽印刷に用いられる紙をベースにした印刷版の総称。電子写真法か銀塩写真法によりダイレクト製版にて版をつくる。
マットインキ
印刷面に光沢が出ないつや消しインキ。
マットコート紙
塗工紙(コート紙)の一種。上質紙や中質紙に顔料を艶消しのコーティングをして落ち着いた感じに仕上げた紙。
丸背
製本において、上製本ものの背の仕立方の一種。背中に丸みをつけたもの。丸みをつけることを「丸み出し」という。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp