印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「く」から始まる印刷用語一覧

「 く 」 から始まる印刷用語一覧

クエリ
基本的には、データベースの複数テーブルのフぃールド(項目)から、必要なフィールド( 項目)を取り出して見せる処理手順のこと。したがってクエリ自体はデータを持っていない。
口絵
書籍や雑誌などの巻頭に載せる絵や写真のこと。
口糊
表紙と見返しを糊で接着すること。小口側の一部にのりを塗布して接着させる。 =小口糊
句読点
くぎり記号の中の句点(。)と読点(、)とを合わせた呼び方。
組見本
組み方の統一を図るため、あるいは誤りを防ぐため、あらかじめ原稿の一部をテスト組した組版。またはこの組版から印刷した印刷物。
グラーデ-ション
階調を示す。色の濃淡・明暗・色相などが連続して段階的に少しずつ変わっていくこと。
クライアントサーバー
「サーバ」とは情報資源を集中管理するコンピュータのことをいい、「クライアント」とは、サーバが提供する情報資源を利用する側のコンピュータをいう。
グラデーションスケール
網版の網点面積率を0~100%まで段階的に並べたもの、または、無彩色グレーを濃度差をつけて段階的に並べたもの(グレースケール)。前者は製版工程でのネガ-ポジ反転露光、オフセット印刷刷版工程でのオフセット版材露光のテスト条件出しなどに用いられる。=グレースケール
グラビア印刷
凹版印刷。版の画線部が凹状になっている印刷方式。版全体にインキをつけ余分なインキを落としてから、凹状になった部分に溜まったインキを紙に転写する。版は逆像になっている。主に金属版が使われ、凹版の大小、深浅で色調の濃淡を出す。 紙幣など特殊な印刷にも凹版印刷が使われる、網点を使って製版するフォトグラビアが一般的です。写真凹版は通常グラビアと呼ばれる。
グラビア印刷機
凹版のうちのグラビア版の胴を備えた印刷機。版が平面な銅板を印刷胴に巻きつける平版グラビア輪転機と、円筒状のシリンダー版を印刷部に装着させる円筒版グラビア輪転機がある。用紙によって枚葉印刷機と巻取印刷機に大別される。
グラビアオフセット印刷機
一般のグラビア印刷機は版胴から直に紙へインキを転写させるのに対し、版胴からいったんブランケット胴にインキを転写させ、それを用紙に印刷する印刷機。
グラフィック・デザイン
文字や画像、配色などを印刷技術により、情報やメッセージを伝達する手段として制作した視覚的デザインのこと。ポスターや広告宣伝物、新聞・雑誌などの広告、出版物などのデザインをいう。
クラフト紙
クラフトパルプを原料とした包装用紙、針葉樹の未ざらしクラフトパルプを原料とする重包装用と、半ざらしまたはさらしクラフトパルプを原料とする軽包装用に大別される。強度、とくに破裂強度が大きく、紙質が均一で汚れや孔のないことが要求される。また、用途によっては防水性透気性が重要となる。
グリージング
オフセット印刷における地汚れの一種。湿し水の不足などで起きる。インキ中の遊離脂肪酸が版の非画線部に吸着され、その部分にインキを付着させて汚れとなる。
クリエイティブ
制作物、制作者。また創造(作)的な処理を行うこと。
グリッド
格子状のマス目を「グリッド」という。グリッドコンピューティングとはネットワークで複数のコンピュータをつないで仮想的かつ並列的に1台の高性能なコンピュータとするシステムのこと。
クリッピング
画像の必要な部分だけを切り取ること。切り抜き。
クリップアート
文書上に貼り込んで使えるグラフィックスを「クリップアート」という。主に文章やWebページのアクセントに使用される、サイズの小さいイラストや写真。
くるみ製本
表紙で本文をくるみ、三方を仕上げ断裁する製本様式の一つ。一般に、雑誌、パンフレットに多い。
グレースケール
無彩色(白黒)の階調スケールで表現したものを「グレースケール」という。画像処理では、写真をスキャナで読み取り出力装置から階調画像として出力するとき、0%(白)から100%(ベタ)の中間調のステップ(グレースケール)が重要になる。また、PS版の露光量管理にも使用する。
クロス
上製本表紙に用いられる装丁用材料の一種。荒目の木綿地に着色塗料を塗布しローラープレスした布地。
グロスコート
表面加工の一つで、ビニール貼りにおける光沢より一段とレベルの高い光沢を得るための加工法。
咥え(くわえ)
枚葉印刷機は通常用紙を印刷するときに胴爪でしっかりはさんで回転して印刷する。そのはさむ装置を咥え(くわえ)という。
くわえじり
枚葉紙でくわえ端の反対側の部分。
くわえしろ
枚葉紙でグリッパーがくわえるために必要な紙幅。寸法は印刷機によって異なるが、10mm前後が一般的であり。この部分には印刷ができない。 =くわえ
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp