印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「け」から始まる印刷用語一覧

「 け 」 から始まる印刷用語一覧

軽印刷(軽オフ)
一般印刷と比較して、比較的簡単な設備で小部数のものを迅速に製版印刷する方式。一般に小部数のものが対象で、多色印刷は軽印刷に含まない。軽印刷では最もスピード面とコスト面が優先される。版式は平版で、主として紙に特殊な処理をしたマスターペーパーが使用される。この版式はカメラでダイレクトに撮影し、直接刷版を作ることができる。印刷機は小型オフセット機を使用する。
蛍光インキ
分子に紫外線などを当てると発光することを利用したインキ。有機染料を樹脂に沈着もしくは練込んだものを粉砕して作った蛍光顔料を用いたインキである。蛍光インキは、鮮やかな色調に発色するのが特徴だが、耐光性は大変に劣る。
罫下(けした)
①版組みにおいて相対する版の下部と下部との間隔。②本の部分で天に対する地の部分。③化粧仕上げした下部の切り口。
罫下合せ(けしたあわせ)
ページもの印刷で、各ページの下側(罫下)を向き合うように組み付けること。頭合わせの反対。
軽量コート紙
塗工量が5g/㎡程度の塗工印刷用紙、おもにオフセット、グラビア刷の雑誌本文、チラシに用いられる。
ゲートウエイ
LANやグループウエアなどにおいて、ネットワークとネットワークを接続し、情報を相互にやり取りするためのハード/ソフトをいう。
化粧裁ち(けしょうだち)
印刷物や本の中身を仕上げ寸法どおりに正確に断裁すること。=仕上げ断裁。
毛抜き合せ
2つ以上の写真、図版、文字などを、髪の毛1本の隙間なく並置やはめ込み合成すること。
下版(げはん)
校了になった組版を、印刷などの次工程へ移すこと。
減感印刷
複写伝票などの印刷で感圧用紙を用いる場合に、発色させたくない部分に発色作用を抑えるインキでスポット部分に印刷する方法。
見当
多色印刷においては重ね合せの位置精度。単色印刷では表面と裏面の位置精度。そのほかに用紙を折るときの折り位置精度、印刷絵柄に合せて打抜くときの位置精度などがある。
見当合せ
多色印刷においては各色版の刷込位置合せ、単色印刷においては表裏の用紙刷込位置合せを行うことをいう。
ケント紙
おもに製図用に使われる画用紙で、イギリスのケント(kent)地方で作られたものからこの名がついた。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp