印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「ふ」から始まる印刷用語一覧

「 ふ 」 から始まる印刷用語一覧

ファンクションキー
パソコンのキーボードの奥(上部)に配置されている「F1」~「F12」のキーのこと。個別に決まったコンピューターの機能、動作を割り振ることができるので便利な機能である。
フィーダ
=自動給紙機
フォーム印刷
事務手続、事務管理などに用いる定型の帳票を印刷する方法。 連続フォーム印刷は印刷と同時に、コンピュータ出力プリンターなどで用紙搬送時に使用するための等間隔の穴加工と、折り畳み・切り離しのためのミシン目加工を同時に行う。サイズはインチサイズ(1インチ=約2.54cm)で設計されている。
フォトレジスト
光化学的反応を利用し、パターンを露光により対象物へ転写して耐食性の皮膜の形成などを行う際に用いる感光材料。
フォント
本来は「同じサイズで、書体デザインの同じ活字書体の一揃い」を指す言葉だが、現在では、広義に一般に画面や紙面に表示する書体やデジタル文字のことを「フォント」という。
紙折機または輪転印刷機の折機により、印刷物を折ってさらに直角に折ったときにできるこの折丁において、小口の一部が折り目になった袋の部分をいう。この袋部分は最後に仕上げ断裁される。
袋とじ
めくる側(小口)が袋のままになっていて、袋の内側(裏側)が裏白になっている(片側印刷)状態で綴じられた製本。和文や契約書なども見られる。
ブラウザ
webページなどのデータや情報を閲覧するためのソフトウェア。単にブラウザと言った場合には、WWWの情報を閲覧するためのWebブラウザを意味する場合が多い。「
プラットフォーム
コンピュータ関係では、ソフトを動作するためのコンピュータ・システムの土台となるハードウエアもしくはソフトウエアのことをいう。たとえばアプリケーションソフトのプラットホームはウインドウズというオペレーティングシステム(OS)であり、OSのプラットホームはハードウエアのCPUである。
ブリード(印刷の)
印刷された異色間インキの境界部分で色がにじみだす現象。印刷インキに含まれる顔料が、印刷時または印刷後に溶剤、油脂、可塑剤や水などに溶けて色がにじみ出してくる。
ブリスター
オフセット輪転印刷においてヒートセットインキを使用するが、乾燥部でアート紙やコート紙のコート面の一部が膨れ上がって火ぶくれを起こす現象。ドライヤーの熱により紙の中の水分が蒸発して、コート紙などの塗工層やベタ刷りのインキ層により、蒸気の逃げ場を失ったときに膨れて起こる。ブリスタリングともいう。
プリプルーフ
正規の校正刷りの代わりに、簡易的に最終の仕上がり状態を確認するための簡易校正。印刷会社の内部校正や簡単なカラー印刷の場合、印刷現場で印刷時の参考見本として使用される。例:インクジェットによるカラープルーフ。
プリプレス
企画、デザイン文字入力、製版など印刷の前工程の総称。
フリンジ
網点や線画などのエッジ部周辺に生ずる濃度が薄くなっている部分。
プリントスルー
用紙の裏面から絵柄が透き通して見える現象をいう。一方、「裏抜け」はインキの成分が裏に浸透している現象。
プルダウン・メニュー
マウスで画面の特定の個所をクリックすると、クリックした場所に垂れ下がるように表示される選択画面のメニュー。
プレートセッター
コンピュータからデータを送り直接CTPの版を出力する製版機器。ダイレクト刷版出力装置。
フレキソ印刷
凸版印刷の一種で、フレキシブルな樹脂またはゴム凸版を用い、水性インキUVインキを用いた印刷方式。紙、布、ダンボール、プラスティックなどの印刷に利用される。
プレスコート
紙に対する表面加工の一種。プレスコートとは印刷物の表面に光沢を出す熱硬化樹脂を印刷表面に塗って乾燥させ、熱を加えながらステンレスのローラーでプレスして表面に鏡面のような光沢を出す加工。パッケージ(紙箱・化粧箱・紙器)の表面加工に用いられる。
プロセスインキ
カラー印刷に使用する標準色である黄版(Y:イエロー)、紅版(M:マゼンタ)、藍版(C:シアン)の3色に墨版(BK:ブラック)を加えた4色。=プロセスカラー
ブロッキング
印刷中における印刷インキの乾燥過程のなかで、インキの粘着性により、刷り重ねた印刷物が裏移りしたりくっついてしまう現象。防止策としてはパウダーをスプレーするのが一般的だが、印刷機械に紫外線装置があればUVインキを使用して瞬時に乾燥させてブロッキングを防止する。
プロパティ
英語では、特性・属性という意味。 コンピュータの世界においては、そのものの情報のことで、そのものの情報を見たり、設定を変更したりするための画面。 Windowsの場合、ファイルやディスク、プインタ、アプリケーション・ソフトなど、デスクトップなどの各オブジェクトごとに、それぞれに関する設定値やプログラムの詳細などの情報をまとめたものをいう。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp