印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「ほ」から始まる印刷用語一覧

「 ほ 」 から始まる印刷用語一覧

棒打ち
1行の字詰め、行間を決めページレイアウト(割付)とは関係なく、とりあえず文字校正用のために文字を打つこと。
傍注
本文の脇につけた注釈。
ポジフィルム
印刷用の「ポジフィルム」は、画像の明暗が陽画(ポジティブ)になっているものをいう。「ポジフィルム」は刷版に焼き付けた場合、網点の%があまり変化しないため、刷版用に適している。
補刷
印刷終了時に色ムラや数量不足が発生した場合に、必要量の印刷物を確保するために、再度その印刷物に刷り加えること。 
ポストスクリプト
Adobe Systems 社が開発したページ記述言語で、プリンタでのさまざまな計算、処理、描画の命令を実行できるプログラミング言語。印刷、出版業界で使用される本格的な記述言語である。
保存版
再版用として保存する刷版。保存するためには、空気に触れて版が酸化しないように版面を保護するために、版のインキを除去してアラビアゴムの水溶液を版全面に薄く塗布、乾燥して保存する。
本掛け
印刷機で表版と裏版を折り丁ごとに別々に面付けして、印刷後に裏表が順番になるようにする一般的な面付け方法。
本機校正
実際の印刷機(本機)で印刷した色校正刷りのこと。
本機刷り
校正刷を校正機ではなく、本番の印刷で使う印刷機で印刷すること。
本紙
本刷りに用いる正式な用紙。
本刷り
印刷機に版を取り付けて、まず見当や色調などの調整確認のための校正刷りを行うが、そのあとの本番の印刷をいう。
本割り
本割り付け用紙の略。レイアウトを終えた割り付け用紙で、コピーではなくオリジナルの割り付け紙のこと。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp