印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「は」から始まる印刷用語一覧

「 は 」 から始まる印刷用語一覧

ハードウエア
一般的に機械や装置などの物体をさすが、とくにコンピュータ本体や周辺機器などの装置をいう場合に多く用いられ、中央処理装置、外部記憶装置(磁気テープ装置、磁気ディスク装置など)、プリンター装置、ディスプレイ装置などがある。
倍胴型
ユニット型枚葉多色オフセット印刷機において、前の印刷ユニットの圧胴から印刷紙を受け取り、次の印刷ユニットの圧胴に渡すための胴(中間胴)において、胴径が版胴の倍径のものを倍胴型という。胴径が大きいので厚紙を印刷しやすい。
ハイライト
画像内で明るく、濃部の低い部分、反対に濃度の高い部分をシャドー、その間を中間調という。
パイリング
版に紙粉、スプレー粉が付着すること。その結果、インキの転移が不良になり、印刷面にムラができる。=「版残り」「ブラン残り」
箔押し
ホットスタンプとも呼ばれ、おもに紙などの材料に金箔や銀箔または色箔を熱した文字や絵柄などの金型でプレスして箔を転写させる印刷方法です。ほとんど下地の色に影響を受けない。
薄葉紙
きわめて薄い紙の総称。
貼込み
別の種類の折丁を貼り合わせること。または折丁ののどの部分に糊を引いて貼り合わせること。
バッキング(製本の)
下固めされた本の中身を丸み出しした後、背に近い平の部分を両側から万力で締め、耳を出す作業。一般には、パッキング機械で行う。
パッケ
本の背に丸みをつける作業のこと。
バッチ処理
バッチ処理とは、コンピュータの処理方式の一つで、あらかじめ決められた条件になった段階で処理を一括して行なうこと。これに対して、そのつど処理を行なっていく方式を「リアルタイム処理」と呼ぶ。
端物(はもの)
一般にページ物に対して、1枚物の簡単な印刷物をいう。はがき、伝票,DM(ダイレクトメール)などがある。
原色
すべての色の基本となる3色をいう。加色混合の場合は通常、光の3原色といわれる赤・緑・青紫の色光であり、減色混合の場合は印刷の場合は、3原色といわるれ青(シアン)・赤(マゼンタ)・黄(イエロー)である。各原色は他の2色の混合では得られないが、すべての色はこれら3色の種々な混合により得られる。
針(横針)
用紙の横方向の位置を合わせる見当装置。横針は「横当て」と一体になって見当を合わせる。「横針」には「引き針」と「突き針」がある。縦方向の位置を合わせる装置は「咬え」という。
針金とじ
仮製本のとじ方の一つで、針金を用いて本をとじ付けること。針金とじには、平とじと中とじの2種類がある。
針代(はりしろ)
巻取紙印刷の折丁の端から針穴までの距離。巻取り紙は折機で前の折丁がカットされると同時に次の紙の先端部分付近は折胴の針で固定され、正確な位置に誘導され、折り作業が進められる。針しろ部分は製本仕上げ裁ちにより切り落とされる。
針違い
紙の上で正常な印刷位置からずれて刷られたもの。枚葉紙は前当て、横針に当てることによって前後左右共印刷位置が正確になるが、印刷中に正規に当たらなかったりすると針違い(印刷位置の見当ずれ)が発生する。
判型
雑誌、書籍、ポスターなど、紙加工品の仕上がり寸法と形態のこと。日本工業規格JISではA列とB列があり、A0・A1・A2・A3・B0・B1・B2・B3について天地・左右の寸法が決められている。
版下台紙
製版用に使う原稿を「版下」といい、ロゴ・線画などが「版下」に相当する。これらの素材を台紙に貼り込み完全版下とする。この台紙を「版下台紙」という。
反射原稿
プリント印画紙やイラスト原稿、絵、版下原稿などのように、光が原稿に当たってその反射で画像が認識される原稿を「反射原稿」という。
版面(はんづら)
印刷の判型(仕上がり寸法)から周囲の余白を除いた、本文や見出しが印刷される部分を版づら(面)という。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp