印刷・製本用語辞典。印刷用語からDTP用語、製本用語などを幅広く解説しました。
         
         
         
         
         
         
         
     
         
 
これは便利
[運営会社]
株式会社誠文堂
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-14
TEL:03-5259-1551
http://seibundou.co.jp/
E-Mai:info@seibundou.co.jp


参考文献:
・図解印刷技術用語辞典 第2版
(日刊工業社)
・DTPエキスパート用語辞典
(日本印刷技術協会)
印刷・製本・DTP用語集TOP > 「あ」から始まる印刷用語一覧

「あ」 から始まる印刷用語一覧

アーカイブ
ファイルやデータをまとめて保存している状態、またはその保管場所。特にファイル圧縮ソフトによって一つの圧縮ファイルに変換された状態になっているものを指すことが多い。
アーキテクチャ
システムの構造。ITではコンピュータのハードウエアやソフトの設計思想や構造のこと。
アート紙
塗工紙(コート紙)の一種。上質紙や中質紙に炭酸カルシウムなどの顔料をコーティングして平滑にすることで表面に光沢を出した紙。 コート紙より塗布量が多い高級紙のこと。
アイコン
コンピュータ画面上のデータやファイルを小さな絵や記号で表したもので、マウスででクリックして必要な処理を行う。
アイテム
IT用語では項目、フィールドという意味。いくつかに分けられた1単位を「アイテム」という。
アウトライン化
入力した文字を図形化したフォント。送信する場合、アウトライン化するとと文字の変更はできなくなるので、環境(パソコンのOSやプリンタ)が変わっても、また相手がその書体を持っていなくても、そのまま見ることができ出力もできる。
アウトラインフォント
デジタル化した文字のこと。文字を直線,曲線などの組み合わせによって輪郭線で表したもの。ビットマップによるデータより少ないデータで画像処理(拡大,縮小,加工)が行える。また、点で表現するビットマップによるデータとは違い、サイズを変更しても曲線が滑らかで高品質なフォントを得ることができる。アウトラインフォントの代表的な規格として、PostScriptとTrueTypeフォントの2種類がある
アウトプット
出力すること。逆に「インプット」は入力すること。
赤字
ゲラ刷りや色校正へ訂正、追加などの修正した指示のこと。校正は赤鉛筆や赤のボールペンを使うことからこのように呼ばれるようになった。
あじろ綴じ
無線とじの一種で、刷り本の折り帳の背に糊がしみこみやすいように切り込みを入れて折る。それを一冊に丁合して糊を塗布して表紙でくるむ製本。無線とじに比較し強度が強い。
遊び紙
本の体裁を良くするために、本文の前後に入れる用紙。一般的には本文と同じ用紙だが色上質を使うこともある。
頭合せ(組付けの)
天側と天側を付合せて組み付けること。主に左開きの本に使用され、横組の版が一般的である。罫下(けした)合せに対していう。
アタリ罫
版下台紙に、写真やベタ塗りつぶし、平アミの範囲などの位置を指定する細い罫。アタリ罫は仮の線なので印刷はされない。
圧胴
インキを版あるいはブランケットから被印刷体(紙など)に転写するとき、圧力を加えるための円筒形の金属の胴。用紙はブランケットと圧胴の間を通ることで印刷される。
アップグレード
コンピュータやソフト、周辺機器の機能を向上させること。グレードアップと同義。
アップロード
遠隔地のコンピュータにデータやファイルを送信すること。ダウンロードはその反対。
後付(あとづけ)
本の巻末につける索引、あとがき、奥付などのこと。
アドイン・ソフト
ソフトに、標準では搭載されていない機能を追加拡張(アドイン)するソフトのこと。単体では動作しなせず、アプリケーションソフトやアプリケーションプログラムを機能拡張するためのソフト。「エクステンション」「プラグイン」とも呼ばれる。
アプリケーション・ソフト
ユーザーがそれぞれの目的のために作成されたコンピュータソフト。文章作成ソフト、表計算ソフトのほか財務管理、販売管理など多くのソフトがある。
アプリケーション・プログラム
目的とする業務を行うために作られる専用のプログラム。企業ごとに異なる販売・在庫管理、給与計算などは独自のプログラムを組むことが多い。、
雨だれ
感嘆符のこと。「!」雨だれが代表的。ほかには「!!」二つ雨だれ、「!」斜め雨だれなどがある。
網階調
写真などの連続階調のあるものを、凸版、凹版、平版などの印刷では網点(ドット)の大きさ、あるいは、集合密度によって濃淡を表すが、その濃淡の差。
網撮り(あみどり)
写真の画像などを大小の網点、つまり網階調に置き換えて表現すること。画像部分の濃淡は網点の大小より濃淡が表現される。「AMスクリーニング」「FMスクリーニング」参照。
網点
=「ドット」
網点濃度
網点濃度は網点の面積率とベタを基準に計算する。
網掛け/網伏せ
文字や画像、ケイで囲んだ部分に均一な網点(大きさの同じ網点)をかけること。印刷の製版で網掛けをするには「AMスクリーニング」と「FMスクリーニング」を用いる。「AMスクリーニング」「FMスクリーニング」参照。 
合せ板紙
2枚以上の異質の板紙を合わせたもの。板紙の表面と芯部の質が異なる。
合せ丁合い
2回以上に分けて丁合すること。またはそれらを合本すること。折丁数の多い本の場合、1回の丁合いでは取りきれないので2回以上に分けて丁合する。
アンカット
本の中身の一方または、三方を化粧裁ちしない製本方式。文庫本に天アンカットの採用事例がある。
安全インキ
小切手、証券、紙幣などの改ざん、偽造防止を目的として用いられる特殊インキ。小切手などの金額記入欄やバックの地紋に使用される。
アンダーコレクション
カラー印刷の色校正における色が弱すぎたり沈んだりしていること。「オーバーコレクション」の反意語。
【相互リンク大歓迎】
当サイトはリンクフリーです。
【サイト名】印刷・製本・DTP用語集
【アドレス】http:www.insatsuyougo.com

相互リンクのお誘いはこちらへinfo@seibundou.co.jp